中国茶のススメ

緑茶の美味しい入れ方

広告

緑茶の美味しい入れ方

 

 

緑茶の美味しい入れ方 〜工夫式〜

 

工夫とは、中国語で「丁寧に」とか「手間をかける」という意味です。
中国茶の香りと味を楽しむ…。入れ方のひとつで、そのお茶の持つ味や香りは変わってきます。

 

とりあえずは、手持ちの食器で代用もできますが、せっかくならそのお茶の世界観を、視角でも味わいたいたいものです。

 

 

是非、揃えておきたい中国茶道具
  • 蓋 碗
  • 茶 杯(蓋碗を急須として使う場合)
  • 茶 海(蓋碗を急須として使う場合
  • 茶 托(蓋碗を急須として使う場合)

 

 

詳しい茶道具の詳細はコチラ

 

 

蓋碗は中国茶独特のスタイルで、フタ付きのお碗のことです。

 

お碗に茶葉を入れて、お湯を注ぎ、蓋をしてから蒸らします。茶葉が口に入らないよう、蓋を少しずらして飲んだり、急須の代わりにも使える便利な茶器です。

 

緑茶の美味しい入れ方 (龍井茶、茉莉花茶などに、急須として使う場合)

  1. 温めておいた蓋碗に、3g〜5gの茶葉を入れます。
  2.  

  3. 90℃の熱湯で蒸らします。蒸らし時間は茶葉によって違いますが、一般的に、15秒位です。
  4.  

  5. 湯のみに注ぎます。大変熱いので気をつけてください。慣れないうちは両手で。また、慣れるまでは、ぬるめのお湯で練習するのもおすすめです。

 

緑茶の美味しい入れ方 (そのまま湯飲みとして使う場合)

  1. 温めておいた蓋碗に、3g〜5gの茶葉を入れます。
  2.  

  3. 90℃の熱湯で蒸らします。蒸らし時間は茶葉によって違いますが、一般的に、15秒位です。
  4.  

  5. 茶葉が口に入らないようむこうに、少しフタをずらしながら飲んでください。

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ