中国茶のススメ

青茶の美味しい入れ方

広告

青茶の美味しい入れ方

 

 

青茶の美味しい入れ方 〜工夫式〜

 

工夫とは、中国語で「丁寧に」とか「手間をかける」という意味です。
中国茶の香りと味を楽しむ…。入れ方のひとつで、そのお茶の持つ味や香りは変わってきます。

 

とりあえずは、手持ちの食器で代用もできますが、せっかくならそのお茶の世界観を、視角でも味わいたいたいものです。

 

是非、揃えておきたい中国茶道具
  • 茶 壷
  • 聞香杯
  • 茶 杯
  • 茶 海
  • 茶 船・茶 盤
  • 茶 托
  • 茶 荷
  • 水 孟
  • ツール( 茶通・茶測・茶挟など)

 

 

詳しい茶道具の詳細はコチラ

 

青茶の美味しい入れ方(鉄観音・武夷岩茶・台湾烏龍茶など)

 

  1. 茶器や茶葉、お湯などを用意します。
  2.  

  3. 茶船の中または茶盤の上に茶壷を置き、湯を注いで温めます。
  4.  

  5. 茶壷が温まったらその湯で茶海や聞香杯、茶杯も温めます。
  6.  

  7. 茶壷に3g〜5g程度の茶葉を入れます。
  8.  

  9. 95℃〜100℃の熱湯を注ぎます。※必要な場合は、洗茶(さっと熱湯を入れ1煎目を捨てる)をしてください。
  10.  

  11. フタの上からも、湯を注いで蒸らします。その間に茶海や茶杯の湯を捨てましょう。
  12.  

  13. 茶海に注ぎきる。茶葉が残ったお湯に浸っていると、渋味が出やすくなるので注意。
  14.  

  15. 茶海から聞香杯に注ぎ聞香杯から茶杯に移す。
  16.  

  17. 聞香杯からいい香りがしますので、香りを楽しんでください。
  18.  

  19. 茶杯でお茶を味わいます。

 

注意点

注ぎ切ったあとの茶壷のフタは開けておいてください。
閉めたままにすると、蒸れすぎて味が落ちます。

 

2煎目、3煎目と、淹れるごとに蒸らし時間を少しずつ長くします。
2煎目以降は、茶海から直接茶杯に注いで、味の変化を楽しんでください。聞香杯は使いません。

 

最後に時間のたった聞香杯の香りも楽しんでみてください。
最初とはまた違った香りが楽しめますよ。

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ