中国茶のススメ

野外茶〜アウトドアティー〜

広告

野外茶〜アウトドアティー〜

 

 

山で、海で、川で…外でカレーを食べると一段とおいしく感じる効果があるように、中国茶にもそんな世界観があります。

 

野外茶です。
中国喫茶の文化は老荘思想に影響を受けてきました。

 

老荘思想は、全ての物が自然から授かったという「道」(生きるべき正しい方向)を重んじる思想です。

 

自然との一体感を大切に心を遊ばせ、雄大な中国茶の世界に身を置く。
それだけで、至福の時間を味わうことができ、精神的にもリラックスできる効果がありそうですね。

 

 

野外茶は決して難しいことではありません。

 

 

最近では、野外茶用のお手軽な様々な種類の茶器セットも販売されています。
小さな急須と茶杯がセットになったものや、簡単にお茶を入れることのできる携帯ボトルなるものまで…。

 

 

 

いずれにせよ、自分が気に入った種類の茶器や、使いやすいものをもってドライブやピクニックがてら、楽しんでみるのがいいでしょう。

 

 

必要なお湯は、熱湯をいれた水筒をもっていったり、現地にてアルコールランプでチクチクと沸かすのも趣があります。

 

また質の良い種類の茶葉は冷水でも十分味が出ますから、お湯を持っていく代わりにミネラルウォーターを持って行っても問題ありません。

 

この場合の入れ方としては、出発前に、水と一緒にボトルに茶葉をたっぷりと入れておきましょう。
着くころには、おいしいお茶ができていますよ。

 

他にも、場所別に中国茶葉の種類を選ぶのも楽しいでしょう。
例えば、大きな山の山頂で味わうなら岩茶の肉桂など。

 

ガツンとくる香りと味は、まさに大自然の中で味わうにふさわしい種類です。

 

大好きな恋人とビーチでひっそり味わいたいのは、やはり甘い花の香りのする茉莉花茶でしょうか。

 

 

やわらかい風味が楽しめる種類の岩茶である水仙などは、少しひなびた田舎町で。
そして、だいぶん涼しさが戻ってきた夏の終わりの海岸線でいただきたいのは、紅茶。
中でも茘莉紅茶がおすすめです。

 

このように場所によって種類を選び楽しむことで、中国茶本来のもつ健康増進効果だけでなく、気持ちから通じる、心の健康増進にも効果を発揮してくれそうですね。

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ