中国茶のススメ

青茶(中国)安渓鉄観音

広告

青茶(中国)安渓鉄観音

 

 

福建省の閩北地区の代表は岩茶の種類ですが、こちら閩南地区代表は、安渓の鉄観音でしょう。

 

 

 

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類


 

 

鉄観音という茶樹の品種名がそのままお茶の名前になりました。

 

柑橘系の種類の香りにクチナシの香り、そして焙煎香が混ざり合うコクのある風味が人気の高い秘密です。

 

丸まった茶葉は何煎いれても風味が落ちず、独特のうまみを持続するのが特徴の、香り高い烏龍茶の種類のひとつ。
世界各国の潮州料理店が食後に出す濃いお茶こそ、この鉄観音なのです。

 

 

その効果効能は消化器系に良いとされていて、整腸作用、消化器能の改善に効くと言われています。

 

もちろん、肥満防止作用がありダイエット効果なども期待できますが、その他にも特にポリフェノールが日本のお茶の種類よりも多いと言われており、そのため生活習慣病予防にも効果大とされています。

 

是非、食後にいただきたい種類の中国茶ですね。

 

 

飲み方は工夫式か蓋碗で、または中国茶用の茶漉し付きマグカップなんかで気軽にいただくのもいいですね。温めた茶器に3〜5gの茶葉を入れて、95℃〜100℃のしっかり沸かしたお湯を注ぎ、1分半ほど蒸らしましょう。

 

2煎目は少し濃いめに出ますので、浸出時間を1分に縮め、3煎目は2分半に延ばしましょう。

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ