中国茶のススメ

胖大海

広告

胖大海

 

 

一目見て、世にも怪しい…と感じてしまう種。それが胖大海(パンダ―ハイ)です。

 

アーモンドのような実は、アオギリ科ピンポン属植物の果実で漢方薬の種類としても用いられています。

 

 

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類


 

 

胖大海の効果効能は、

 

  • 解熱、解毒作用
  • 肺を潤し、痰、咳を止める効果
  • 喉の渇き、喉の痛みを効果的に治療
  • 声枯れに効果的に作用
  • 便秘解消効果
  • 血圧を下げる効果

 

といわれており、中でも、「喉がイガイガしたらまず胖大海!」と言われるほど効果が高く、のど茶として飲まれています。

 

 

胖大海のような種そのものをお茶としていただく場合の入れ方は、1粒〜2粒を湯呑などに直接入れ、直接熱湯を注ぐ飲み方です。

 

その後数分経つとあら不思議。
硬い皮がパカっと割れ、中からモヤモヤっと綿のようなものが顔を出します。

 

みるみるうちに膨らんで、水色が少し茶色く色づいてきたら飲みごろです。
香りは薬草。味は無味。気軽な飲み方として、ハチミツを入れてもおいしくいただけます。

 

 

残った膨らんだ実も食べることが出来ます。エキスだけでなく、直接体内に入れてしまえば、効果効能もさらにアップしそうですね。
ゼリー状になっていますが、こちらも無味です。

 

 

酢の物など会席としても利用することができます。是非お試しあれ。

 

 

「喉の調子がおかしいな…」「風邪っぽい?!」というときは、もっとも効果的な就寝前に飲用してみてください。

 

喉がウルウルしてきて、翌朝の調子がよくなりますよ!

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ