中国茶のススメ

花茶・工芸茶

広告

花茶・工芸茶

 

 

六大茶の分類にあてはまらない種類のお茶があります。
第七のお茶と言われる、花茶です。

 

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

緑茶や白茶などの茶葉に、ジャスミンなど甘く爽やかな香りを持つ種類の花をフレーバーしたものです。
茶葉に花を混ぜたものや、花そのものを乾燥させて茶葉の代わりに使うものなど形もさまざま。

 

どれをとっても、花の持つ優しい香りを楽しむことができ、美しく気軽に中国茶の持つ効能を堪能することができます。

 

花茶は宋の時代に中国の北部で始まったといわれています。

 

当時、交通の便が悪いという理由から、良質なお茶を手に入れることが困難でした。輸送中に劣化してしまうからです。
そんな中、考案されたのが「花を混ぜて、失ったお茶の香りを補おう」というものでした。

 

花茶の種類の中でも代表的なのが茉莉花茶ですね。
別名香片茶ともいい、緑茶にモクセイ科のジャスミンの香りを染み込ませたものです。

 

精神の安定効果の高いこの中国茶は、華北、東北地方などでは、日常茶にされています。
花が混ざっている者は中級品で、上質な種類のものには花を混ぜたりはしません。

 

入れ方は六大茶に比べると至って簡単。ベースが緑茶や白茶の種類のものが多いので、80℃くらいの少し低めのお湯を使い、家庭にある急須での飲み方が出来ます。食後やちょっと一息つきたい時に、気軽なに飲み方のできる種類のお茶です。

 

 

その他にも玫瑰茶や菊花茶などの種類があります。

 

玫瑰茶はバラ茶ともいわれますが、実はこれはバラではなく、バラに形も香りもそっくりなハマナスという花の種類のことを言います。

 

紅茶や普洱茶などの発酵度の高い種類のお茶に開きかけた花を浮かべたり、つぼみや花に直接お湯を注ぐ飲み方があります。
見た目も香りもとても優雅な、ちょっとした贈り物にも喜ばれる種類の茶外茶です。

 

菊花茶は、その名の通り菊の花を天日干しにしたもの。
普通はそのままお湯にいれて飲みますが、ひとつだけを緑茶などさわやかな種類のお茶にいれる飲み方もあります。
香りは濃厚でほのかに甘く、解熱や頭痛、めまいにも効果があるとされています。

 

また香りや味だけではなく、目にも楽しい種類のお茶が工芸茶です。
乾燥させた茶葉を一枚ずつ糸で縛り、その中に花を入れて丸い形に作ったものでお湯を注ぐと丸い球のような形が開き、中の花がゆっくりと咲いていきます。

 

ガラス製の茶器にいれてその一連の流れを眺めていると、なんとも優雅な気分に…。

 

ある程度飲んでしまったら水をいれて水中花としても楽しめますよ。

 

 

その独特の美しさは、女性はもちろんおもてなしの席でも人気があります。

 

 

広告

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ