中国茶のススメ

中国茶の道具

広告

中国茶の道具

 

中国茶の淹れ方には、これといってルールはありませんが日本茶と同じく、茶道具はあります。
せっかく飲むなら美味しく、雰囲気満点でいただきたいものですよね。

 

大きな急須で一気にお湯をいれガブガブ飲むのと、工夫(コンフー)式で、ちりちりとのんびりお湯を沸かし、専用の茶器でゆっくりと一杯ずつ注ぎ分けて飲むのとでは絶対に違います。

 

茶道具にもこだわれば、味、香りも格段にあがりますよ!

 

 

工夫式の主な茶道具

湯釜(ゆがま)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

火にかけてお湯を沸かすのに使います。

 

最近では便利な電気ポットなどがありますが、やっぱりおススメは、昔ながらのアルコールランプでゆっくりと沸かすタイプです。


 

 

茶盤(ちゃばん)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

不要なお湯やお茶を捨てるときに受け皿の役割を果たします。

 

木製(竹など)のタイプが主流ですが、最近は手入れが簡単なステンレス製も出ています。


 

 

茶則(ちゃそく)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

茶葉を移す時に使ういわば匙のような役割をします。

 

専用ですので、茶葉がバラバラとこぼれることがなくとても便利です。


 

 

茶挟(ちゃきょう)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

温める際、熱くなって手で持てない茶杯をつかんだり、大きな茶葉を押し入れたりするための道具。

 


 

 

茶通・茶杓(ちゃつう・ちゃしゃく)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

一本の両端にそれぞれがついているタイプが多く、注ぎ口に詰まった茶葉を取り除く際に使う細い棒が茶通。
茶壺の中の茶葉をかきだすスプーン状のものが茶杓です。

 


 

 

茶荷(ちゃか)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

個人的にお家で中国茶を楽しむ場合には必要とされませんが、茶館などでお客様に茶葉の状態を確認してもらうときなどに使うものです。

 


 

 

茶壺(ちゃつぼ)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

中国茶版の急須にあたります。日本の急須よりも小さいのが特徴。

 

茶葉の種類によって使い分けます。
ひとつの茶葉にひとつの茶壺がベター。陶器、磁器、最近はガラス製のものまでさまざま。

 


 

 

茶杯(ちゃはい)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

湯呑。少しずつ味わうため日本のものより、かなり小ぶり。

 

20ml〜60mlが主流。

 


 

 

聞香杯(もんこうはい)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

香りだけを楽しむための細長い湯呑のようなもの。

 

決してこれでお茶を飲まないのがマナーです。

 


 

 

茶海(ちゃはい)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

濃さを均等にし各杯にお茶を注ぐための茶器。

 

デカンタのように、茶壺からこの茶海に移してから注ぎ分けます。

 


 

 

茶托(ちゃたく)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

茶杯、聞香杯をのせて出すための小さなお盆の役割を果たします。

 


 

 

蓋碗(がいわん)

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

蓋、茶杯、茶托がひとつになった茶器。直接茶葉を入れて蓋の裏で香りを楽しむなどとても便利な茶器です。

 

美しい絵柄の陶器から、中の茶葉の状態が見えるガラスまでさまざま。
最初に購入する茶器におススメです。

 


 

広告

 

中国茶の道具関連ページ

中国茶の歴史
6つの色の中国茶
効果・効能


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ