中国茶のススメ

6つの色の中国茶

広告

6つの色の中国茶

 

数えきれないほどの種類がある中国茶。

 

原料となる茶葉は全て同じものですが、産地の気候、摘み取る時期、製茶工程によってさまざまな異なる香りや味を持つ、個性豊かなお茶となります。

 

出来上がった茶葉は、湯の色によって青茶、黒茶、緑茶、紅茶、白茶、黄茶の六種類に分けられます。
これらの分類は発酵の度合いを基準としており発酵の度合いや方法によってそれぞれのお茶の色が生まれます。

 

中国茶の「発酵」とは、生の葉の中に含まれる酵素による茶葉の成分の酸化反応を意味します。(微生物による発酵は、雲南省の普?茶などの特殊茶に限られます。)

 

 

中国茶,歴史,入れ方,効果,効能,種類

 

 

 

下に向かうほど発酵度が高くなります。

 

緑茶(不発酵)

 

すっきりとしたのどごしが楽しめます。さわやかな香りと甘みがある緑茶は、中国人の日常茶です。茉莉花茶(ジャスミン茶)の原料にも使われています。(龍井茶、白龍茶、その他の花茶など)

 

 

白茶(弱発酵)

 

渋みが少なくさっぱりしていて飲みやすくまろやかな甘みが楽しめます。味はさわやかでデリケートですが侮るなかれ。意外にカフェインの含有量が高いのも特徴。(白牡丹、白毫銀針、寿眉など)

 

 

 

黄茶(弱後発酵)

 

個性的ですが上品な味わい。黄茶は中国茶の中でも高級の部類に入ります。発酵による独特な甘みは、緑茶や白茶とはまた別の奥ゆかしさをもちます。(君山銀針、蒙頂黄牙など)

 

 

青茶(半発酵)

 

すがすがしく華やかな味わいで花や果物を思わせる芳香をあわせもちます。製茶工程によって味と香りの幅が広く形状もさまざま。初心者にもおすすめの日本人の味覚に合います。(東方美人、安渓鉄観音、鳳凰単?など)

 

 

紅茶(全発酵)

 

上品ですっきり甘く芳醇な香りをもちます。完全に発酵させた茶葉であり、中国では砂糖、ミルクは入れずに飲みます。19世紀には中国からイギリス領のインド、セイロンに苗が渡り一大産地となっています。中国国内での消費は少なく、輸出向けです。

 

 

黒茶(後発酵)

 

他の茶葉にはない独特の滋味をもつ黒茶は、緑茶を後発酵させたものです。固形の緑茶をモンゴルなどの内陸に輸送するうちに自然発酵して生まれました。長く寝かせた古いものほどまろやかな味で価値の出るお茶です。

 

広告

 

6つの色の中国茶関連ページ

中国茶の歴史
効果・効能
中国茶の道具


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中国茶の基礎 中国茶の種類 中国茶の美味しい入れ方 中国茶を楽しむ サイトマップ